My vintege collection

#なるべく詳しく vintage

Levi's DENIM JACKETの年代について

私は70's~90'sのトラッカージャケットスタイルが好きでDENIM JACKETを数枚持っています。

品番で言うと

557XX

558XX(557XXのロングバージョン)

70505

71205(70505のロングバージョン)

70506(ハンドウォーマー付き)

71506(70506のロングバージョン)

70507(70506の身幅ワイド)

あたりが好きですが、

557,558は別格でオリジナルは手が出ません。

70505から下の品番ですが、70505,71205はbigEがあります。この辺までは年代も分かるのですが、スモールeになると年代判別が分かりづらいです。

では年代判別のポイントを見ていきましょう。

70505はケアタグと呼ばれる布のタグが紙パッチの下に付いているものが古く70年代です。

続いて紙のタグが付きますが、収縮率の表示があるものも70年代後半~80年代前半です。

f:id:allornothing1or8:20211120224040j:image

収縮率3%

続いて80年代

襟の紙パッチはこの印字
f:id:allornothing1or8:20211120225143j:image

f:id:allornothing1or8:20211120224259j:imagef:id:allornothing1or8:20211120224313j:image

紙タグが2枚になります。

収縮率は表示がありません。

画像は70506なので80年代ですが基本的に70505も同じだと思います。

こちらは80年代でも中盤だと思います。
f:id:allornothing1or8:20211120224656j:imagef:id:allornothing1or8:20211120224642j:image
紙タグが2枚ではなく、1枚目のタグはビニールっぽいタグです。

続いて80年代後半

こちらは赤ラベルですが1987年製

タグの取付場所も胸ポケットの裏です。
f:id:allornothing1or8:20211204144856j:imagef:id:allornothing1or8:20211204144842j:image

続いて90年代

紙パッチはこの印字で品番の上に赤字でcare~が入ります。(一部80年代後半のものもあります。)
f:id:allornothing1or8:20211120225226j:image

70506は90年前半でデカパッチ

f:id:allornothing1or8:20211120225636j:image

品質表示ラベルは赤文字です。

90年代はラベルの取付場所はフロントボタンの裏です。

f:id:allornothing1or8:20211120225730j:image

このタグになると裏を見ると正確な年代が判別できます。

この辺の年代だと、カナダ製も少し出てきます。

この後の世代になると、マカオ、香港、中国、日本製などが出てきます。生産国が変わるとタグの取付場所や位置もバラバラです。

これ以降の米国製はこの刺繍のデカタグです。多分LVCの規格しかないと思いますが。
f:id:allornothing1or8:20211206214624j:image

71205,71506はロングバージョンですが、80~90年代リーバイスジャパンのリーバイスブックを確認しましたが、登場しません。

この2品番はリーバイスジャパンでの取扱いはなかったのかもしれません。なので流通量が少なく貴重だと思います。

 

品番の末尾-0217の意味についてですが、02はプリシュランク生地(防縮加工済み)、17は未洗い(リジット)を表しています。

-0216は02プリシュランク、16はリンス(ワンウォッシュ)を表しています。

-0316は03はブランケット付、16はリンスを表しています。

 

最近80's~90's米国製トラッカージャケットの人気が上がってきて、価格も上昇してきています。サイズ38~46位で、ダメージが無く、色の濃い目のもので¥5000を切っているものは見つけることができなくなってきました。

個人的には71506米国製バンドウォーマー付きのロングはあまり注目されていませんが、着丈が長く着やすくてお勧めです。たま数が少ないので、なかなか見つけられませんが、個人的には今一番気に入っています。日本製ファーストタイプも71506xxも出ていて、こちらは別ものなので注意しましょう。

 

デニムのインディゴですが、一般的に66前期までのディテールのものは天然インディゴが使われていて、66後期からは合成インディゴが使われていると言われています。

天然インディゴと合成インディゴの違いですが、天然インディゴから不純物を完全に取り除いたものが合成インディゴです。基本的に成分は同じです。しかし、天然インディゴは不純物を完全に取り除くことは不可能です。なので、天然インディゴで染めたデニムは合成インディゴで染めたものと比べると色が薄くなります。

これは天然インディゴ染めのS702XX
f:id:allornothing1or8:20211203221155j:image

こちらは合成インディゴ染め90's regular501
f:id:allornothing1or8:20211203221618j:image

部位は違いますが、風合いもかなり違います。

この辺はデニムジャケットも同じで、70年代のデニムジャケットはいい雰囲気があります。

 

 

 

 

DENIM JACKETの洗濯をしました ⑭

今回もDENIM JACKETの洗濯をしました。

今回も残り湯に洗剤+酢を入れました。
f:id:allornothing1or8:20211231213031j:image

20分後
f:id:allornothing1or8:20211231213042j:image

汚れ

今回のDENIM JACKETは色が濃いものでしたので、色と汚れでこの様な色になったと思います。
f:id:allornothing1or8:20211231213052j:image

すすぎ3回
f:id:allornothing1or8:20211231213104j:image

洗濯機で脱水後、天日干し
f:id:allornothing1or8:20211231213116j:image

今回は天気は良かったのですが、時々粉雪が舞う程寒い日でした。

ですが、1日で乾きました。

汚れ落としにお湯を使うと汚れが落ちるメカニズムですが、インディゴの染料は油分を含んでいます。油分は温度が高い方が溶け易いです。

冬にお湯で手を洗うと手が荒れるのは手の油分がお湯で落ち石鹸で洗浄することによって汚れが落ち、夏のように汗をかかないことで、手の油分が増えないためです。

これと原理は同じです。なので、色も出やすいと言う訳です。

No.149 NB 1500 GENTLMAN'S CHOICE

今回はスニーカーです。

No.149 NB 1500 GENTLMAN'S CHOICE

こちらも英国で買ってきてもらいました。

それでは、なるべく詳しくディテールを見ていきましょう。

f:id:allornothing1or8:20220108213929j:image

アウトサイド
f:id:allornothing1or8:20220108213942j:image

インサイド
f:id:allornothing1or8:20220108213953j:image

ヒール
f:id:allornothing1or8:20220108214002j:image

正面
f:id:allornothing1or8:20220108214012j:image

タン
f:id:allornothing1or8:20220108214027j:image

インソール
f:id:allornothing1or8:20220108214038j:image

サイズ表記
f:id:allornothing1or8:20220108214047j:image

ソール
f:id:allornothing1or8:20220108214057j:image

ヒールクッション
f:id:allornothing1or8:20220108214106j:image

一目惚れでした。

見た瞬間格好いいと思いました。

ヒールのユニオンジャックも格好いいです。

1500のレザーで配色も茶系で合わせやすい色です。

1500はNBではハイテク系で履き心地が良く歩きやすいです。

No.148 paul smith テイラードジャケット

今回はテイラードジャケットです。

No.148 paul smith テイラードジャケット

年齢が年齢なので、カジュアルな服装だけではなく、テイラードジャケットも必要な場面が出てきます。それでは、なるべく詳しくディテールを見ていきましょう。

正面
f:id:allornothing1or8:20220109213230j:image

背面 ノーベント
f:id:allornothing1or8:20220109213240j:image

内側 大見返し
f:id:allornothing1or8:20220109213252j:image

内ポケット
f:id:allornothing1or8:20220109213308j:image

内ポケット下
f:id:allornothing1or8:20220109213319j:image

内ポケット
f:id:allornothing1or8:20220109213328j:image


f:id:allornothing1or8:20220109213339j:image

右パッチポケット
f:id:allornothing1or8:20220109213350j:image

左パッチポケット
f:id:allornothing1or8:20220109213359j:image

ボタン
f:id:allornothing1or8:20220109213456j:image

袖表
f:id:allornothing1or8:20220109213422j:image

袖裏
f:id:allornothing1or8:20220109213409j:image

本切羽
f:id:allornothing1or8:20220109213432j:image

パッチポケット仕様なので、カジュアルですが、細身でなかなか着やすいシルエットです。

ジーンズ、セーターの上なんかに羽織ると、フォーマル過ぎず、カジュアル過ぎず、ホテルで会食などの場面で、出番があります。

年齢が年齢なので、いつでもデニムonデニムと言う訳にはいきません。

 

No.147 GAP スエードジャケット

今回はジャケットです。

No.147 GAP スエードジャケット

牛革のスエードジャケットです。それでは、なるべく詳しくディテールを見ていきましょう。

正面
f:id:allornothing1or8:20220109211949j:image

背面
f:id:allornothing1or8:20220109211959j:image

内側 裏ボアで暖かいです。
f:id:allornothing1or8:20220109212015j:image

内ポケット
f:id:allornothing1or8:20220109212044j:image

襟タグ 中国製
f:id:allornothing1or8:20220109212053j:image

袖裏 ナイロンで袖通りが良いです。
f:id:allornothing1or8:20220109212116j:image

胸ポケット
f:id:allornothing1or8:20220109212103j:image

バンドウォーマー
f:id:allornothing1or8:20220109212128j:image

ジッパー YKK
f:id:allornothing1or8:20220109212147j:image

袖表
f:id:allornothing1or8:20220109212138j:image

袖裏
f:id:allornothing1or8:20220109212156j:image

タグ1
f:id:allornothing1or8:20220109212206j:image

タグ2
f:id:allornothing1or8:20220109212308j:image
タグ3
f:id:allornothing1or8:20220109212317j:image

この個体は2000年代製です。私は新品で購入しました。

最近、この年代のオールドGAPも古着で人気が出てきていますね。

スエードも本革でなかなか良い作りだと思います。

ただ、革ジャンは重いです。

ダウンジャケットは軽いですが、カジュアルでどのモデルも変わらないデザインなのであまり着ません。スポーツ、アウトドア、作業なら良いと思いますが。

 

No.146 Polo RalphLauren YARMOUTH

今回はシャツです。

No.146 Polo RalphLauren YARMOUTH

ボタンダウンの100%cottonのシャツです。それでは、なるべく詳しくディテールを見ていきましょう。

正面
f:id:allornothing1or8:20220109211222j:image

背面
f:id:allornothing1or8:20220109211233j:image

襟 ボタンダウン
f:id:allornothing1or8:20220109211246j:image

襟タグ
f:id:allornothing1or8:20220109211256j:image

センターベント
f:id:allornothing1or8:20220109211306j:image

袖表
f:id:allornothing1or8:20220109211317j:image

袖裏
f:id:allornothing1or8:20220109211326j:image

洗濯タグ
f:id:allornothing1or8:20220109211338j:image

タグ裏 インパクト21
f:id:allornothing1or8:20220109211349j:image

こちらは15年位前に日本で購入した日本規格のものです。私は背が高いので、日本規格のものは袖が若干短いです。

デザイン的には定番なので、このデザインは色違いが数枚あります。

 

No.145 Q&Q ソーラー電波時計 HR15

今回は腕時計です。

No.145 Q&Q ソーラー電波時計 HR15

仕事用で使っています。

それではなるべく詳しくディテールを見ていきましょう。

正面 文字盤
f:id:allornothing1or8:20220108164111j:image

左側
f:id:allornothing1or8:20220108164126j:image

右側 リューズ
f:id:allornothing1or8:20220108164135j:image

裏蓋
f:id:allornothing1or8:20220108164144j:image

バックル
f:id:allornothing1or8:20220108164156j:image

受けが切れてしまったので輪ゴムで代用
f:id:allornothing1or8:20220108164205j:image

5~6年前に7千円位で購入しました。

ソーラー電波でこの値段は安いと思います。

しかし、バックルの受けが切れやすく一度バンドを交換しましたが、1年位でまた切れました。バンド交換は2千円位だったと思います。

時間が正確な所と日付を変更しなくて良い所が非常に便利です。