My vintage collection

#なるべく詳しく vintage

Levi's 501 MADE IN THE USA 比較

現行と旧品MADE IN THE USA の比較をしたいと思います。

私が所有しているMADE IN THE USAですが、品番で言うと、

00501-2456 現行品 bigE セルビッジ付き リジット

00501-2455 旧品 スモールe セルビッジ付き USED加工

00501-2453 旧品 スモールe 脇割 ワンウォッシュ

です。

旧品と現行品では生地の生産地が変わっています。

旧品 CONE DENIM ホワイトオーク工場

現行品 生産地? 現行品の生産地は不明ですが、米国製でないことは確かです。(インド・アルビンドor日本・カイハラの生地でしょうか)

縫製は一応米国製でどちらのタグにも米国製の文字があります。ホワイトオーク生地はエルパソ工場だそうです。どちらもトップボタンの刻印が5115になっているので、どちらもエルパソ工場なのでしょうか?

ただ、トップボタンがどちらも5115ですが、縫製の仕様が変わっています。

では、ディテールの違いをなるべく詳しく見てみましょう。

 

革パッチ

仕様が変更

上 ホワイトオーク

中 bigE

下 ホワイトオーク

bigEの方が作りが細かく、ホワイトオークは簡素化されたパッチです
f:id:allornothing1or8:20210806223907j:image

ベルトループ

カンヌキの仕様が変更
f:id:allornothing1or8:20210811215808j:image

コインポケット

形状が変更
f:id:allornothing1or8:20210811215828j:image

ホワイトオーク

三角、テーパー強め
f:id:allornothing1or8:20210811215843j:image

bigE

四角、ストレート
f:id:allornothing1or8:20210811215905j:image

クインチ
f:id:allornothing1or8:20210811215928j:image

リベット

違いはなさそう
f:id:allornothing1or8:20210811220110j:image

タブ

スモールe

bigE
f:id:allornothing1or8:20210811215942j:image

バックポケット

形状が変更
f:id:allornothing1or8:20210811215957j:image

アーキュエイトステッチ

どちらも同じ
f:id:allornothing1or8:20210820211422j:image

トップボタン

違いはなさそう

ステッチの色使いが違います。

bigEは1色ですが、

ホワイトオークはイエローステッチと2色使い
f:id:allornothing1or8:20210811220127j:image

トップボタン刻印

Vステッチはどちらも同じ

bigE 5115
f:id:allornothing1or8:20210819192914j:image

ホワイトオーク 5115
f:id:allornothing1or8:20210819192942j:image
トップボタンの刻印はどちらも5115です。

最近販売されているMADE IN THE USAは5244の刻印です。工場が変更になっているみたいです。

生産年が違います。

bigE

2018年8月製造
f:id:allornothing1or8:20210819193504j:image

ホワイトオーク

2017年10月製造
f:id:allornothing1or8:20210819193520j:image

内タグはどちらも同じ

bigE
f:id:allornothing1or8:20210819213236j:image

ホワイトオーク
f:id:allornothing1or8:20210819213251j:image

スレーキ ギャランティ

若干違いがあります

bigE

ギャランティー +

501とLEVI'S PREMIUM
f:id:allornothing1or8:20210820211533j:image

ホワイトオーク

ギャランティーのみ
f:id:allornothing1or8:20210820211550j:image
ボトム

ホワイトオークの方が目が細かく詰まった印象

bigEは比べるとピッチが広く間隔が空いている印象
f:id:allornothing1or8:20210811220015j:image
セルビッジ

ホワイトオークの方が白い部分が広い

bigEは白い部分が狭くレプリカっぽい印象
f:id:allornothing1or8:20210806223813j:image

インシーム内側

ホワイトオークの方がピッチが細かい

f:id:allornothing1or8:20210806223829j:image

インシーム外側

こちらもクインチと同様

ピッチが違います。
f:id:allornothing1or8:20210811220036j:image

こうして比べるとやはりホワイトオークの501の方が良いものだと感じてしまいます。

ただ、bigEもそんなに悪いものではありません。

90年代の米国製レギュラー501の評判は当時、あまり良いものではなく、66の後期モデルと言われるセルビッジ付き501以降のモデルはずっとあまり評価されていませんでした。

しかし、最近この90'S レギュラー501の評価が見直されています。もう生産されていませんし、今後もタマ数が劇的に増えることもありません。当時は駄作だと言われていましたが、今となっては、非常に魅力的なジーンズだと思います。

そんな意味でこのMADE IN THE USAのbigEも米国製の14ozデニムには魅力があると思います。

501好きな方であれば、まだ生産されている今のうちに1本は持っていても損はしないものだと感じます。